Blog&column
ブログ・コラム

業績アップに欠かせない社員同士のコミュニケーション

query_builder 2021/11/09
コラム
4
離職の原因として高い割合を占めるのが「人間関係」です。
今回の記事では、業務をスムーズに進めるために必要な「社員同士のコミュニケーション」についてお話いたします。

▼社員同士のコミュニケーションの効果
社員同士のコミュニケーションには、下記のような効果があります。

・目標や情報を共有でき、業務の効率化が測れる
・職場の環境がよくなり離職率が下がる

社員同士がお互いの能力や知識を認め合い、協力して業務に当たれば、会社の業績が上がるだけでなく職場環境もよくなります。

▼円滑にコミュニケーションを行うポイント
社員同士のコミュニケーションは、同僚などだけでなく上司とも円滑に行われることが望ましいです。
「上司に意見を伝えられる環境」にすることがより良い職場環境のためには大切となります。

■上司に意見を伝えられる環境のメリット
上司に意見が伝えられると、部下の仕事の状況が判断しやすく、業務をスムーズに振り分けられるようになります。
また、部下の不満や要望を耳に入れて置くことで「社内満足度」を向上させ、離職率の低下に繋げることができます。

▼まとめ
会社の業績を向上させるためには、社員同士のスムーズなコミュニケーションが重要です。そのためには、同僚だけでなく上司にも意見を伝えやすい環境を作る必要があります。
経営のコンサルティングは一般社団法人活性経営研究所にお任せください。
「ヒト」を活かすことにフォーカスした多彩なプランをご提案いたします。

NEW

  • 某大手電話会社の2年目研修を行います。

    query_builder 2021/11/08
  • 転職に役立つ営業スキルや資格とは?

    query_builder 2022/01/15
  • 営業スキルマップの活用目的や項目について

    query_builder 2022/01/08
  • 営業スキルをアップさせる方法とは?

    query_builder 2022/01/01
  • コミュニケーションを取る目的とは?

    query_builder 2021/12/28

CATEGORY

ARCHIVE