Blog&column
ブログ・コラム

若手社員の効果的な教育方法

query_builder 2021/11/21
コラム
7
新入社員や若手社員に、いち早く戦力となってほしい」と考えている経営者の方は非常に多いと思います。
若手社員を効果的に伸ばすためには、どのようなことに注意して教育していけばいいのかまとめてみました。

▼若手社員の効果的な教育方法
一般的に、入社して1~3年の社員が「若手社員」と呼ばれます。
その年代の社員を伸ばすためには、次のような若者の特徴を理解する必要があります。

・仕事で成果を挙げるより、プライベートを充実させたいと考えている
・指示されたこと以上のことを、自ら考えて動くことができない

プライベートを充実させることは別段悪いことではありませんが、社内でのコミュニケーションが疎かになる場合があります。
また、失敗を恐れるあまり、自分で考えて行動することができないのも最近の若者の傾向です。
そういった若手社員の特徴を踏まえて、社会人に必要なスキルを身につけてもらうための教育を行う必要があります。

■社会人に必要なスキルを習得するためには
入社してすぐに「新入社員研修」を行う企業は多いですが、それだけでは十分とは言えません。
新入社員研修を行うだけでなく、計画的に若手社員の特徴を考慮しながら教育を行っていくことが大切です。

▼上司の教育スキルを高めることも重要
若手社員が育たない理由として、上司の教育スキルが低いことも原因として挙げられます。
管理職を対象とした研修を取り入れることも効果的です。

▼まとめ
若者の特徴を理解した上で研修を行うことが効果的な教育方法です。
また、若手の社員だけでなく、管理職の方の研修も行うことが望ましいです。
一般社団法人活性経営研究所は、「ヒト」を育てて組織を強めるコンサルティングをご提供いたします。

NEW

  • 某大手電話会社の2年目研修を行います。

    query_builder 2021/11/08
  • 転職に役立つ営業スキルや資格とは?

    query_builder 2022/01/15
  • 営業スキルマップの活用目的や項目について

    query_builder 2022/01/08
  • 営業スキルをアップさせる方法とは?

    query_builder 2022/01/01
  • コミュニケーションを取る目的とは?

    query_builder 2021/12/28

CATEGORY

ARCHIVE