Blog&column
ブログ・コラム

仕事の効果性を上げる社内ルールとは?

query_builder 2022/02/01
コラム
22
独自の社内ルールを設けることで、社員のモチベーションやスキルの向上を目指す企業が増えています。
仕事の効果性を上げる社内ルールとは一体どのようなものか、メリットを含めて見ていきましょう。

▼仕事の効果性を上げる社内ルールとは?
一昔前であれば、「朝8時までに出勤」「PC(パソコン)持ち出し禁止」といった社内ルールが一般的だったと思います。
しかし、働き方が多様化している現代において、このようなルールは適切とは言えません。
なぜなら渋滞を避けた自由な通勤スタイルや、クライアントとの商談にPCを使用している部署なども多くみられるからです。
仕事の効果性を上げる社内ルールは、主に、以下のような目的のもとに作成されます。

・社員の自立性の向上
・仕事へのモチベーションの向上
・クライアント側に好印象を与える身だしなみや行動 など

■社内ルールを設けるメリット
社内ルールとは「会社独自の決まり事」なので、ルールを取り入れても取り入れなくても法的な問題は一切ありません。
それではなぜ、企業の多くは社内ルールを取り入れているのかが気になりますよね。
その理由は社内ルールを設けることによって、以下のようなメリットが得られるからです。

・社員のモチベーションアップ
例えば社内ルールとして「評価制度」や「資格取得をサポートする制度」を設けることで、目指すべき目的が明確になり、仕事へのモチベーションアップにつながります。

・労働環境の改善
社内ルールを定めるにあたり、社員から要望を出してもらうことで、時代に合った働きやすい環境をつくることができるでしょう。

・方向性の共有
社内ルールを利用し、企業理念や人材像を社内で共有することができれば、経営者と社員の方向性を統一させることができるでしょう。

▼まとめ
多様な働き方が求められる現代に合った社内ルールを設けることで、社員のモチベーションの管理やスキルアップ・生産性の向上につながります。
「まだ社内ルールを共有したことがない」という経営者の方は、一度働き方や目的に合った会社独自のルールを設定してみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 某大手電話会社の2年目研修を行います。

    query_builder 2021/11/08
  • 相談が多い仕事の悩みは?解決方法はある?

    query_builder 2022/06/15
  • 仕事におけるチームワークとは?

    query_builder 2022/06/01
  • 仕事のモチベーションを上げるには?

    query_builder 2022/05/15
  • スキルと能力の違いは?業界共通で役立つスキルについて

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE