Blog&column
ブログ・コラム

人材育成の目的や考え方

query_builder 2022/03/08
コラム
27
働き方が多様化している現代。
従来の教育カリキュラムでは、組織が上手く機能するのが難しくなってきています。
そこで今回は、人材育成の目的や考え方について解説していきます。

人材育成の目的や考え方
人材育成の目的は「人を育てること」です。
多くの企業に求められているのは、経営戦略を具現化するために自発的に行動し、成果を出す社員です。
今後さらにグローバル化やデジタル化が進むことでしょう。
そこで、より成果を出しやすい専門的な能力を持った人材が必要とされているのです。
企業の人手不足を解消するためにも、人材育成は多くの企業の課題とも言えるでしょう。

人材育成の注意点
人材育成をする際には、多くのことに注意しなければなりません。

■組織の状態の把握が必要
組織が今どんな状態なのかを把握していなければ、育成計画を上手く立てられません。
例えば上司への過剰な忖度が必要な組織では、アイディアを出せる新人は育ちにくいでしょう。
組織の現状を把握することにより、どんな課題を解決する必要があるのかが見えてきます。

人材育成の仕組みが大切
人材育成をする際に、短期のプログラムだけではなかなか上手くいかないかも知れません。
長く続けられる仕組みを作ることで、組織内に育成計画を浸透させることができます。

▼まとめ
人材育成の目的は人を育てることです。
経営戦略を具現化するために、より専門的なスキルを持った社員を育てることが必要です。
組織の現状を把握し、人材育成の仕組みを作ることが大切でしょう。
東京都中央区日本橋にある一般社団法人活性経営研究所では、社員が協力し合えるような職場環境づくりをサポートしております。
さまざまなお悩みを解決いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 某大手電話会社の2年目研修を行います。

    query_builder 2021/11/08
  • 組織づくりに必要な「フレームワーク」って何?

    query_builder 2022/11/01
  • 仕事に行きたくない人はどうしたら良い?

    query_builder 2022/10/15
  • 個性を伸ばせば能力が開花するって本当?

    query_builder 2022/10/01
  • なぜ職場環境づくりが大切なのか。働きやすい職場とは?

    query_builder 2022/09/15

CATEGORY

ARCHIVE